約2万5000円で後撮り!in プラハ

こんにちわ。

海外で後撮りor前撮りをしたいけれどお金が無い!!!
と、迷っている方も多いのでは?
実際私も結婚式で約400万円の出費。
新婚旅行のホテル&飛行機代で40万程の出費だったので、後撮りしたいけどこれにプラスは厳しい。と思っていました。

でも、やりたいことは全部したい!!!
だって人生1度きりだもの!

日本の会社で頼むと高額!?

とはいえ、相場も分からないしとりあえず検索。
「ウエディングフォト 海外」とありがちなワードで検索したところ、候補が沢山でてくるわけです。
その一つをクリックしてみてみると、90分の撮影28万!?衣装なし!????
まって鬼高いやん!衣装やら揃えたら30万余裕で超えちゃうよ。。。

勿論国や、カット数、ロケーション数によっても変わるんですが、日本語・日本人という安心感を得るためにこの金額は私には無理でした。

 

海外サイトは英語との戦い

日本の会社は諦めた私が次に検索したのは「prague wedding photo」。
お目当ての国に絞り、英語で検索しました。
勿論検索結果は英語だらけ・・・。辛い。
(これでも留学してたことあるんだけどなぁ)
何件か見つかったうち、綺麗な写真を多数載せているサイト様に問い合わせをしました。
PDFで料金や詳細をおくってくださりました。
そこの料金は、3時間で750EUR(94,860円)*2019/4/16現在のレート
メイクとヘアスタイルの追加で140EUR(17,707円)
ドレスはついていないのでドレス持参になります。

日本語のサイトよりも10万以上安いですね!!!

最終手段インスタ!!

12万円程度でも高い!と感じた私。
最終手段に使用したのはインスタでした。

ハッシュタグ #pragueや、#wedding photoで検索!
そこで会社は設立していない個人の写真家を見つけます!
インスタ上には沢山写真がUPされているので、自分の好きな写真家を見つけることが出来ます。
メッセージでコンタクトを取り、教えていただいた価格は
1時間100EUR(12,655円)!!!

2時間でお願いしたのですが、タイトル通り25,310円で海外ウエディングフォトがとれました!!

インスタで頼むときに注意したいこと

・フォロワー数が少なすぎる人は注意
→詐欺や危険に巻き込まれないためにも、「きちんと信頼できる人」かどうかちゃんと判別が必要!

・相手も英語は第二言語
→アメリカやイギリス等英語を母国語とする国以外の人は、英語が第二言語。
実際分からない単語があって辞書引いたけど、該当する単語がなかったことも・・・前後の文脈からある程度推測できるほどの語学力はあったほうがいいかも!

25,000円でも十分満足な仕上がりに!

撮影から約2週間でgoogleドライブで共有してくれました。
仕上がりはこんなかんじ!
何人も人を使用してとか、レフ版を用いてとかは無かったけど、コスト的にも満足な仕上がりになりました!

 

投稿を作成しました 6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る